鰻・若松商店 日本三景松島のうなぎ専門店

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

  鰻   塚

 

松島の瑞巌寺境内にある鰻塚をご紹介します。

鰻塚は、大正12年8月16日に建立され、同年9月13日に開眼法要が行われました。

"鰻塚"の文字は瑞巌寺第126世松原盤龍老師が揮毫(きごう)したものです。

裏面には当時、寄付金を出した蒲焼店、卸問屋等の名前が刻みこまれいます。

そこには地元の業者さんをはじめ当時松島では天然鰻がたくさん獲れたことから

北海道から東京までの蒲焼店や卸問屋の関係者の方126名の名前があります。

寄付金は当時のお金で2,565円も集まり、鰻供養のために鰻塚を建てられました。

鰻塚は、高さ 2.85m、幅 1.57m の大きなものです。 

鰻塚の場所は瑞巌寺の門をくぐって右に入ったところにあります。

 

鰻塚供養祭

 

鰻塚供養祭は毎年5月13日に瑞巌寺境内にて開催されております。

戦時中や東日本大震災の年を除いて毎年行われてきました。

例年、鰻塚の前で法要が行われ、その後に松島湾に鰻の放流が行われます

平成28年の鰻塚供養祭は例年通り実施されました。

 

鰻塚供養祭の様子