鰻・若松商店 日本三景松島のうなぎ専門店

トップページ商品カテゴリ一覧お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

 土用の丑

 

土用の丑の日は「土用」の間にある「丑の日」のことです。


古代中国で考え出された思想の陰陽五行説に基づき割り当てられた期間です。

五行の木・火・金・水を春・夏・秋・冬の各季節に割り当て、

残った土を「土用」として各季節の終わりの18日間に当てはめたました。

「土用」は四季の間にあってその生成を助けるものと考えられています。

「土用」は年間4回あり、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間となります。


「丑」は十二支の「子(の)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)・・・」の2番目にきます。

十二支は年・月・日・時の順序を示すもので「丑」は十二支の2番目のことです。


「土用の丑の日」はこの2つを組み合わせたもので、約18日間の「土用」の期間のうちで

12日周期で割り当てられる十二支の「丑の日」が「土用の丑の日」となります。

そのため年によって「土用の丑の日」が1日だけの年と2日ある年があります。

2回ある年は「一の丑」「二の丑」と言います。

 
 

 

土用の丑の由来
 

「土用の丑の日」に夏バテ防止のためにうなぎを食べる習慣が定着したのは

江戸時代の中頃になってからです。

エレキテルなどの発明で有名な平賀源内が夏場の売上不振に悩んだうなぎ屋から

相談を受けて「本日土用の丑の日」と書いた張り紙を出して宣伝したところ

繁盛したと言われています。

元々民間伝承で丑の日には「う」のつく物(梅干し・うり・うどん)を食べると体に良いという

言い伝えがありました。

そのため栄養価の高い「うなぎ」を暑くて体の疲れが出る「土用の丑の日」に食べることは

理にかなっていたことから広く一般に受け入れられたと考えられています。

 
2016年の土用と土用の丑の日


秋の土用   : 10月20日(木)から11月6日(日)

秋の土用の丑 : 10月22日(土)と11月3日(木)  



2017年の土用と土用の丑の日

 
冬の土用 : 1月17日(火)から2月3日(木)

冬の土用の丑 : 1月26日(木)             
        

春の土用    : 4月17日(月)から5月4日(木)

春の土用の丑 : 4月20日(木)と5月2日(火)

 

夏の土用   : 7月19日(水)から8月6日(日)

夏の土用の丑 : 7月25日(火)と8月6日(日)

 

秋の土用 : 10月20日(金)から11月6日(月)

秋の土用の丑 : 10月29日(日)